歯が痛い時に避けるべきことってある?

〒674-0059 兵庫県明石市大久保町茜2丁目4−19
あかね歯科クリニック
歯科医師・院長 中田和甫史

こんにちは(^^♪

兵庫県明石市大久保町茜の”大久保茜クリニックモール”にあります『あかね歯科クリニック』院長の中田です。

むし歯や歯周病による歯の痛みは急にやってくるものでとても強い痛みです。

突然の歯の痛みに苦しんだ経験をされた方も多いと思います。

夜中に急に痛みが出たり、休日や仕事中に痛んだりとタイミングによってはすぐには歯科医院を受診できない場合もありますよね。

前回「歯の痛みを和らげるとりあえず自分でできる応急処置」についてご紹介致しましたが今回は「歯が痛い時に避けるべきこと」についてご紹介したいと思います。

歯科医院を受診するまでの注意事項としてぜひ参考にしてみてくださいね。 

1.歯が痛い時に避けるべきこと

         

➀痛い歯を直接触る

歯ブラシ等で歯の周りの汚れを取ることは大切ですが、直接痛い歯を指で触ったり、たたいたりすることはやめましょう。

指で触ってしまうと指に付着している菌が付着しさらに症状が悪化してしまう可能性があるからです。

②お酒を飲む

お酒を飲むと血液の循環が良くなるため、さらに痛みが増してしまいます。

③熱いお風呂に入る

熱いお風呂に入ることで、お酒を飲んだ時と同様に血液の循環が良くなるため、さらに痛みが増してしまいます。

歯が痛い時には入浴せず、ぬるめのシャワーで簡単に済ませる程度にしましょう。

④激しい運動をする

激しい運動をすることで熱いお風呂に入った時と同様に血液の循環が良くなるため、さらに痛みが増してしまいます。

このため、歯が痛む時は身体を動かすのではなく、むしろ安静にしていなければなりません。

⑤タバコを吸う

普段喫煙している人は、痛くて辛い気持ちを紛らわせるためにタバコを吸ってしまう傾向が高いようです。ただタバコは歯に対する刺激物です。歯が痛む時に喫煙するとむしろ症状が悪化してしまいます。
喫煙は控えるように心がけましょう。

⑥硬いものを噛む

痛い歯で硬いものを噛むとさらに痛みが強まります。

食事の際はできるだけ痛くない側の歯で噛み、極力柔らかい食べ物を食べるようにしてください。

⑦痛い歯に刺激があるものを食べる

歯が痛い時は食事の際できるだけ歯に刺激を与えないようなものを食べましょう。

例えば氷が入ったかなり冷たいお水や熱々のお茶などは痛い歯を刺激しさらに症状を悪化させますので控えましょう。

痛みの感じやすさには個人差がありますので歯の痛みが強まると感じるものは避けるようにしてみて下さい。

2.まとめ

今回は「歯が痛い時に避けるべきこと」についてご紹介しました。

歯科医院を受診するまでの注意事項としてぜひ参考にしてみてください。          

むし歯に自然治癒はないため悪化してしまう前にできるだけ早めに歯科医院を受診しましょう。

痛みが和らいだからと治療しないまま放置し結局抜歯となる方が多くおられます。

いま治療をしておけば抜歯をせず長く残せる歯かもしれません。

普段から「かかりつけ歯科医院」での定期検診を習慣化することで時間的にも経済的にも効率よく歯を守ることができます。

あかね歯科クリニックでは予防に最も力を入れています。

分からないことがありましたらお気軽にご相談下さい♪

最後までご覧頂きありがとうございました。

〒674-0059 兵庫県明石市大久保町茜2丁目4−19
あかね歯科クリニック
歯科医師・院長 中田和甫史

明石市大久保町の歯科医院(歯医者) あかね歯科クリニックではむし歯治療、歯周病治療、予防歯科、小児歯科、マタニティ歯科、赤ちゃん歯科、審美歯科、ホワイトニング、入れ歯、抜歯、インプラント、小児矯正、成人矯正など様々な歯科治療を受けることが可能です。 治療内容の説明をしっかり行い、納得して頂いた上で痛みの少ない治療(無痛治療)を心掛けて進めて参ります。

電話予約ブログ

PAGE TOP