舌小帯(ぜつしょうたい)ってなに!?

〒674-0059 兵庫県明石市大久保町茜2丁目4−19
あかね歯科クリニック
歯科医師・院長 中田和甫史

こんにちは(^^)/

兵庫県明石市大久保町茜の『大久保茜クリニックモール』にあります”あかね歯科クリニック”院長の中田です。

今回は『舌小帯(ぜつしょうたい)』についてお話します。

舌を「ベー」と出しにくい、お子さんの滑舌が気になるという方はいませんか?

舌の伸びや滑舌の悪さは、舌小帯の短さが原因であるかもしれません。

「小帯」とはお口の中にあるヒダのことで、舌小帯以外にも「上唇小帯」や「頬小帯」があります。

1.「小帯」の種類

★上唇小帯(じょうしんしょうたい) ・・・

唇から歯ぐきにかけて付着しているヒダ

★頬小帯(きょうしょうたい) ・・・ 

頬の粘膜から歯ぐきにかけて付着しているヒダ

★舌小帯(ぜつしょうたい) ・・・

舌の裏側に伸びるヒダ

お子さんの乳幼児検診や3歳児検診、幼稚園の検診などで、上唇小帯や舌小帯の長さを指摘された方もいるかもしれません。
「小帯に異常があります」と言われると不安になりますよね。

では、小帯に異常があるとどのような影響があり、どのような治療が必要なのでしょうか。

2.舌小帯の異常による影響

①赤ちゃんがおっぱいをうまく吸えない

②食べたり飲み込んだりがうまくできない

③滑舌が悪くなる

④サ行、タ行、ラ行の発音がしにくい

舌小帯が短いと舌が動かしにくくなるため、上記のような影響が出てしまいます。
なお新生児の舌小帯は比較的太く、舌の先の方に付着しています。これは舌の成長に伴って改善されていきます。

3.小帯に異常がある場合の治療方法

・舌のトレーニング

・舌小帯の切除(延長術)

舌小帯が短くても、必ず切除しなければいけないわけではありません。
しかし赤ちゃんの成長に影響する哺乳期や言葉が完成する6歳ごろまでには、症状に応じて切除した方が良いとされています。

頑張って哺乳を続けることで舌小帯が伸びることもありますが、赤ちゃんが母乳をうまく吸えないと成長にも関わる上お母さんの乳腺炎の原因にもなります。
赤ちゃんが母乳を飲みにくそうにしていたら、助産師さんたちとも相談しながら舌小帯の治療を検討しても良いでしょう。

なお舌小帯は切除したからといって完全に治るわけではなく、切除した後もまたくっついてしまうことがあります。これは舌小帯を切除した後、舌を動かすトレーニングも併せて行うことで、予防できることがあります。

【まとめ】

舌小帯はトレーニングだけで改善することもあるため、お子さんの舌小帯について何か気になることがありましたら兵庫県明石市大久保町茜の『大久保茜クリニックモール』にあります“あかね歯科クリニック”にお気軽にご相談ください♪

最後までご覧頂きありがとうございました。

〒674-0059 兵庫県明石市大久保町茜2丁目4−19
あかね歯科クリニック
歯科医師・院長 中田和甫史

明石市大久保町の歯科医院(歯医者)のあかね歯科クリニックではむし歯治療、歯周病治療、予防歯科、小児歯科、マタニティ歯科、赤ちゃん歯科、審美歯科、ホワイトニング、入れ歯、抜歯、インプラント、小児矯正、成人矯正など様々な歯科治療を受けることが可能です。

治療内容の説明をしっかり行い、納得して頂いた上で痛みの少ない治療(無痛治療)を心掛けて進めて参ります。

電話予約ブログ

PAGE TOP