乳歯のむし歯について教えてくれますか?

〒674-0059 兵庫県明石市大久保町茜2丁目4−19
あかね歯科クリニック
歯科医師・院長 中田和甫史

こんにちは(^^)/

明石市大久保町茜の『大久保茜クリニックモール』にあります “あかね歯科クリニック” 院長の中田です。

今回は『子ども・乳歯のむし歯』についてお話します。

普段診療していると、お子さんの歯がむし歯になってしまった保護者の方から「ちゃんと仕上げ磨きしていたつもりなのに・・・」、「大人の歯に影響は無いのかな?」といった疑問や不安を聞くことがあります。

そもそもむし歯を作らないことが大切ですが、もし子どもの歯にむし歯が出来てしまった場合はなるべく早く歯科医院で治療を受けましょう。

1.乳歯のむし歯の特徴は?

むし歯の原因は歯垢に含まれる細菌です。子どもは自分だけで歯を磨くのが難しく、隅々までしっかり磨けていないことがあります。

歯の表面はエナメル質に覆われていますが、乳歯のエナメル質は永久歯に比べて薄く、むし歯になると進行が速いです。

また甘いお菓子や飲み物を口にする機会が多いと、むし歯になるリスクがより高まります。

2.乳歯のむし歯ができやすいところは?

・2歳頃まで・・・上の前歯の表側

・2~3歳・・・上の前歯の歯と歯の間

・3歳すぎ・・・上下の奥歯の噛む面

・3歳6か月頃から・・・上下の奥歯の歯と歯の間

3.乳歯のむし歯による悪影響はあるの?

①痛みが出る  

不快感だけでなく、断続的に痛むことで集中力の低下も引き起こします。

また、噛んだ時に痛みを感じることが食べ物の好き嫌いを引き起こすこともあります。

②永久歯のむし歯の原因になる  

むし歯を放置するとむし歯がお口の中に居続けるため、永久歯が生えたときにむし歯ができやすくなります。

③噛む機能の低下  

むし歯によって歯を失うと噛む機能が低下します。また、痛みがあると食欲が減退し、栄養状態に悪影響を及ぼします。

④歯並びや噛み合わせの悪化  

むし歯により歯が溶かされると、嚙み合わせが低くなったり、歯の中心の位置がずれてしまったりします。また虫歯により奥歯の乳歯を早くに失うと、永久歯である6歳臼歯の生える位置が変わってしまい、歯並びに影響のでる原因となります。

⑤永久歯への障害

乳歯のむし歯が進行し根っこの先に病巣ができると、近くで生えてくる準備をしていた永久歯に影響を与え、形成不全を引き起こすことがあります(ターナー歯)。

⑥発音障害や悪習癖の発言 

むし歯によって前歯が崩壊したり、失ったりすると発音に影響の出ることがあります。また、抜歯などにより早くに乳歯を失うと、唇や舌の悪習癖に繋がることがあります。

⑦全身疾患の原因になる

先天性心疾患がある子どもの場合、むし歯が感染性心内膜炎という病気のリスク要因になります。

まとめ】

むし歯は歯磨き方法だけでなく、食事内容や時間、歯の質も原因となって起こります。乳歯のむし歯は進行が速く、場合によっては永久歯にも影響を及ぼすことがあります。

むし歯を予防するための歯磨き方法と合わせて、生活習慣の改善や強い歯を作るためのお手伝いを私たち歯科医師、歯科衛生士がさせていただきます。

むし歯を作らないお口の環境づくりを保護者の方、お子さま、”あかね歯科クリニック”のスタッフで一緒に始めていきましょう!

最後までご覧頂きありがとうございました。

何か分からないことや不安なことがありましたら明石市大久保町茜の『大久保茜クリニックモール』にあります”あかね歯科クリニック”へお気軽にご相談下さい♪

〒674-0059 兵庫県明石市大久保町茜2丁目4−19 
あかね歯科クリニック
歯科医師・院長 中田和甫史

明石市大久保町の歯科医院(歯医者)のあかね歯科クリニックではむし歯治療、歯周病治療、予防歯科、小児歯科、マタニティ歯科、赤ちゃん歯科、審美歯科、ホワイトニング、入れ歯、抜歯、インプラント、小児矯正、成人矯正など様々な歯科治療を受けることが可能です。

治療内容の説明をしっかり行い、納得して頂いた上で痛みの少ない治療(無痛治療)を心掛けて進めて参ります。

電話予約ブログ

PAGE TOP